健康

ノロウイルス予防対策について

Pocket

ノロウイルス感染症とは?

ノロウイルス感染症は、乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こす、
ウイルス性の感染症です。
主に冬場に多発し、11月頃から流行からはじまり12〜2月がピークとなりますが、
夏場でも感染することがあり年間を通して発生します。
原因ウイルスであるノロウイルスの増殖は人の腸管内のみですが、
乾燥や熱にも強いうえに自然環境下でも長期間生存が可能なうえ
感染力が非常に強く、少量のウイルス(10〜100個)でも感染・発症します。

 

症状や潜伏期間 
発熱は約37〜38℃の軽度で、大人では吐き気や腹部膨満感といった症状が強いようです。
発症後、通常であれば1〜2日程度で症状は治まります。
 潜伏期間は、12~48時間
 突発性の嘔吐・吐き気、腹痛から水様性の下痢症状

 

ノロウイルスを予防するにはどうしらいいの?
ノロウイルスやインフルエンザなど病気を起こすウイルスや細菌は、
[手]を介して体内に侵入することが多いことはみなさんもご存知だと思いますが
人の[手]を介して周囲に感染が拡がってることが多いこともご存知でしょうか?
生活する中で、[手]にウイルスや細菌が付着することを未然に防ぐことはとても困難です。
そのためいろいろな感染症から身を守るためには、[手]からの侵入を遮断する
「手洗い」が
とても大切なんです。

 

いつ手を洗えばいいの?
・トイレ使用後
・食事の前
・嘔吐物を処理したり接触した後
・乳幼児等の嘔吐や下痢便を処理した後
などは必ず手洗いをするようにしましょう。   

どのくらい洗えばいいの?

1.普通の手洗いの場合
 見た目の汚れをきれいにする手洗い
 石けんと流水・・・30秒~60秒

2.衛生的手洗いの場合
 汚れと付着している通過菌の全てを除去
 石けんと流水・・・30秒~60秒
 速乾性手指消毒剤・・・15秒以上

手洗いの時間・回数による効果

手洗いの方法 残存ウイルス数
手洗いなし 約100万個
流水で15秒手洗い 約1万個
ハンドソープで10~30秒もみ洗い後、
流水で15秒すすぎ
数百個
ハンドソープで60秒もみ洗い後、
流水で15秒すすぎ
数十個
ハンドソープ10秒もみ洗い後、
流水で15秒すすぎを2回繰り返す
約数個

 

手洗いを習慣にしましょう
1.手を洗うタイミングを決めておく
 例) 帰宅時、食事前など
2.手洗いは30秒以上かけて行う
 例) 動揺の「うさぎとカメ(♪もしもしカメよカメさんよ~)」を2回繰り返して歌ったり
    「きらきらぼし(♪きらきらひかるお空の星よ~)」を1回歌うとだいたい30秒くらいになりますよ。
3.指先や指の間などは念入りにこれでもかというくらい丁寧に洗いましょう。

まとめ
普段何気なくしている手洗いですが、ウイルスや細菌にはかなり有効的なので
普段から手を洗う習慣を身に着けるのは自分を守るためにも必要なことですね。
私も一度ノロウイルスに感染したことがありましたが、あの時は本当に辛い思いをしました。
高熱が出て下痢と嘔吐の繰り返しが2日間くらい続きました。
症状が治まったあとも体内にノロウイルスがしばらく体内に残っているので検査で陰性になるまで
約二週間くらい会社を休んだ苦い経験があります。
そんなことにならないために普段から手洗いは念入りにするよう心がけています。