断捨離

収納をはじめるときにはやっぱりコレ!

Pocket

一気に短期に完璧に片付けは一気に短期に完璧にが合言葉です。
一気に完璧な状態を目指します。これがリバウンドを防ぐコツです。スッキリとした部屋を
一度体験すると散らかった部屋に戻ろうとは二度と思わなくなります。一生に一度片付け祭
りをやり抜く覚悟でスタートしてみましょう。

まずは理想の暮らしをイメージ

片付け祭りの前夜祭として片付いた部屋での暮らしをイメージしてみます。
絵でも写真でも文章でもいいです。とにかくできるだけ具体的に理想を目に見える形にして
みます。そしてなぜその暮らしをしたいのかも一緒に考えるようにします。それが片付け祭
りに取り組むマインド、なによりのモチベーションになります。心の底から理想の部屋をイ
メージしたらきっとそれはかんたんに叶います。

モノ別片付けがお約束

片付けを成功させるちょっとしたコツがあります。
それは最初に捨てることを終わらせてしまうことです。さらにその捨てることもモノ別に順
番を大切にしていきます。その順番は「衣類」→「本類」→「書類」→「小物類」→最後に
思い出の品という順番です。
捨てるか残すか判断がつきやすい衣類から始めるとモノを捨てる基準もできあがります。
基準が出来上がればさくさく進むスピード感や爽快感をともなって挫折することもなくなっ
ていきます。片付け祭りをはじめるときには、この順番を大切に守ってみてください。

全体量をまず把握

なんでもそうですがまずは全体量の把握を。
洋服なら全ての洋服をまず一箇所に集めて山にします。数の多さに驚くと同時に現状を冷静
に見つめることができるようになります。そこからほんとに必要とする洋服だけ取り除きま
す。これが捨ての極意となります。一つずつ手にとって使っていないものはさっぱりと捨て
る。自分の感情や感覚を信じて判断していきます。