断捨離

キッチン周りの6つのポイントは?

Pocket

キッチン周りの6つのポイントがあります。
くすんで見えるキッチンには原因があります。キッチンにあるつくる道具・食べる道具・食
べ物の分類をして心躍るかどうかの基準で捨てを実践したあとはキッチンに手を入れていき
ます。ここでは心躍るピカピカのキッチンにしていくための6つのポイントの紹介です。

ピカピカキッチンポイントその1!シンクには何も置かない

何も置かないすっきりシンクが心躍るキッチンの象徴です。洗剤やスポンジはシンク下の収
納へ。使ったスポンジは固く絞ってベランダなどで完全に乾かしてから定位置へ戻します。
心躍るキッチンは汚れだけでなく湿った雰囲気も取り除いていきます。手間はかかりますが
案外すぐに慣れてしまいます。清潔なスポンジを手にするたびに心が躍るはずです。三角
コーナーや洗いカゴなど不潔になりそうなものもできるだけ撤去していきます。

シンク下に鍋やフライパン、コンロ下には食品ストックを

シンク下とコンロ下の空間は性質が違います。湿気の多いシンク下には鍋やフライパン、火
を使うコンロ下には調味料や乾物など食品系のストックをしていきます。逆にしている家庭
も多いですが空間の属性に従った収納にしていくのが心躍るキッチン作りです。シンク下も
コンロ下もどちらもキッチンでは重要な空間なので鍋同士・ボウル同士と同じ形のものは重
ねて高さを最大限に活用していきます。

スーパーの袋、布類は小さくたたんで立てて収納

スーパーの袋やクロスなどの布類は小さくたたみます。そしてそれを立てて並べて収納して
いきます。衣類で出てきた時の収納方法と同じ要領で大丈夫です。ポイントは箱のような硬
いものに収納することです。適度な大きさの空き箱を利用すれば増えすぎるのを自然とセー
ブすることができます。また食品ストックも袋もの、箱ものなどカテゴリー別に立てて収納
していきます。全体量がひと目で把握できるように工夫していきます。

調味料はコンロまわりに置かない

ついやってしまいがちなのが調味料や油ポットをコンロまわりに置くことです。すぐに使え
て便利なようでも油のベタベタ汚れで悲惨なことになってしまいます。専用の引き出しかコ
ンロ下を定位置にしていきます。また調理後はコンロまわりや壁をお湯でひと拭きするよう
に心がけていきます。汚れたら拭くというよりもむしろ拭きたくなるのが心躍るキッチンで
す。そんなコンロまわりを作っていきます。

カトラリーや調理用具は分けて引き出しへ

カトラリーは口に入れるデリケートな役回りなのでVIP待遇にしていきます。真っ先にふさ
わしい場所(引き出し)を確保します。できるなら種類別にラタンなど天然素材の箱にふん
わり収めていきます。ふきんなど薄手の布で間仕切りをしても楽しいですね。キッチンバサ
ミやフライ返しなどの調理器具も引き出しに寝かせる収納をしていきます。休憩するイメー
ジで道具も休ませていきます。この余裕感が心躍るキッチン作りになっていきます。

お皿は洗ったらすぐ拭いて片付けてしまう

お皿や食器類を洗ったらすぐに拭いて食器棚の定位置に戻すのを習慣にしていきます。水切
りカゴを使ってもいいですが、そこに食器を出したままにするのはNGです。モノの定位置
を決めたら使用後すぐに戻すのをルールにしていきましょう。また水切りカゴ自体、水垢が
付きやすく心躍らない存在になっていきます。ちょっと不便になっても清潔感を優先して手
放した後の爽快感を選択していきます。
これだけしていけば心躍るキッチンのできあがりです。