断捨離

捨てるか捨てないか迷った時にはコレ!

Pocket

捨てに迷ったらモノと対話してみますのも一つの方法です。

特に心は動かないけどなぜだか捨てられない

迷ったときにはモノと向き合って対話してみましょう。捨てられない原因はきっと過去への
執着か未来への不安のどちらかです。それさえわかれば縁あって手元に来たものとの関係を
消化できたことになります。本当の役割を終えたモノにはありがとうと感謝して手放す決心
をします。この1つ1つの決断がほんとうに必要なモノの判断基準を研ぎ澄ましていってく
れます。

自信を持ってモノを捨てること

モノの適正な量は人によって違います。
何をどれだけ持てば快適で幸せに生きることができるのか。それを知らないからモノがどん
どんあふれて部屋が散らかりだします。なので捨てる、減らし続ける、これがとても大切で
す。そうすると適正量のカチっとしたポイントが必ず訪れます。その瞬間がくるまでは捨て
続けても大丈夫です。何を大切にしているのか自分の価値観までわかるようになっていきま
す。

選んだものは全て定位置に

捨てが終わったら収納へ。その際、必ず心がけたいのがすべてのものの定位置を決めておく
ことです。部屋が散らかるのは、しまう場所が決まっていないから。定位置さえ決めておけ
ば出したら戻す。たったこれだけでOKになります。そのそのこの段階で残っているのは選
ばれたものばかりです。大切にしていくためにも敬意を持って定位置を決めてあげたいで
す。

シンプル・イズ・ベスト&一点集中

モノの収納の基本はシンプル・イズ・ベストと一点集中です。
収納で注意するのは凝りすぎないこと。極限までシンプルに単純化した方が使いやすくなり
ます。同じカテゴリーのものは一箇所に収める。使う人が決まっているものは家族別に一人
一箇所のコーナーに集中させること。どこに何があるのか誰もがわかりやすく収めるのが大
前提となります。使って戻すことに手間をかけないようにして部屋はいつも自然と片付いた
状態にすることができます。

ひるまない・中断しない・あきらめない

意を決して片付け祭りを始めても散らかるばかりで片付かない。でも大丈夫です。心が動く
ものだけを残して定位置さえ決めれば終わりは必ずきます。今の状態はその過程です。モノ
は無限ではないし片付けは物理的な作業でしかありません。へこんでいるよりは手を動かし
続けてみましょう。全体像が把握できる頃には挫折しそうな不安もきっと消えているはずで
す。

片付けは楽しいことだと感じたい

片付け祭りも心が動くドキドキを探すものと捉えることができれば片付けは楽しい作業に
なっていきます。手にとっていろんな思いや感情が心を動かしてくれます。完了すれば大好
きなものだけに囲まれた新しい毎日がスタートします。自分の整理力も上がり人生も変わ
る。散らかしグセに悩んでいた人ほどその変化は劇的です。片付けは苦行でも義務でもなく
て自分の心がドキドキするものと体験してみましょう。