健康

インフルエンザの新薬登場!?

Pocket

インフルエンザ大流行してますよね。
札幌市内の小中学校では85校が学年・学級閉鎖になっているそうです。

学級閉鎖ってすごい懐かしい言葉ですよね。
学生だった頃、インフルエンザが流行って学級閉鎖になるとすごく嬉しかった記憶が蘇ります。
どうしてって?私は元気で1日中遊べるからです。

会社で大流行してても私はインフルエンザにかかりません。
インフルエンザは辛いけど、会社休めて良いなあといつも思いつつ
休んでる人の分までがんばって仕事します。
体調の悪い人の対応もします。

 

インフルエンザとは?

インフルエンザにかかると38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、
のどの痛み、鼻汁などの症状も見られます。
さらに、気管支炎、肺炎などを併発し、重症化することが多いのもインフルエンザの特徴です。

 

インフルエンザの予防対策

  • 流行前のワクチン接種
  • 飛沫感染対策としての咳エチケット
  • 外出後の手洗い等
  • 適度な湿度の保持
  • 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
  • 人混みや繁華街への外出を控える

などがあげられます。バランスの取れた食事もインフルエンザの予防になるんですね。
私も勉強になりました。
インフルエンザの予防接種を受けても効果が出るまでに時間がかかるので
早めに受けておくことをおすすめします!

 

インフルエンザにかかったら

  • 具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。
  • 良く寝てれば治ると言って病院に行かない人がいますがきちんと行かなきゃダメです!
  • そして安静にして、睡眠を十分にとることが大切です。
  • 水分を十分に補給しましょう。お茶やスープなどでもOK。
  • 咳やくしゃみ等の症状のある時は、周りの方へうつさないように、不織布製マスクを着用しましょう。
  • 人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場等に行かないようにしましょう。

勉強が遅れるからとか、職場の人に迷惑がかかるからなどと言って
無理して学校や職場に行くと他の人に移してしまうかもしれないですから十分注意してくださいね。

 

インフルエンザの新薬登場!?

1回飲むだけの新たなインフルエンザ治療薬「ゾフルーザが5月頃発売される見通しになったそうです。
ウイルスの増殖を抑えるこれまでになかったタイプで、
従来の薬に耐性を持ち、効きにくくなった人にも効果が期待される。
塩野義製薬さんが開発されたそうです。

まとめ

5月頃発売ということは、実際に私たちが服用するのはまだまだ先の話だと思いますが
新たな「ゾフルーザ」に期待大ですね。
薬のお世話になる前に、インフルエンザに感染しないように普段から予防を心がけなきゃダメですね。