油の知識

ココナツオイルとコーヒーを使ったダイエットのポイント

Pocket

ココナツオイルとコーヒーを使ったダイエット効果を出すために大切なポイントは4つで
す。

その1:飲むのは食事を摂る前の3~4時間前

ケトン体の量はココナツオイルを摂った3~4時間後がピークとなります。食事の前に食欲製
効果が高くなるようにしていきます。

その2:目安はコーヒー250mlに対してココナツオイルを大さじ1杯

適切な量はコーヒー1杯(250ml)に対してココナツオイルを大さじ1杯。脂肪燃焼効果を
期待するならコーヒーは250mlを目安にします。

その3:摂る量の目安は1日2回

ココナツオイルコーヒーは一日2回飲みます。
朝に一回、午後の間食に一回飲むと、昼食後と夕食時にケトン体が出て食欲を抑えることが
できます。

その4:糖質はできる限り控える

ココナツオイルコーヒーを飲んでいるからといって糖質をどんどん摂ってもいいわけではあ
りません。ケトン体は糖質が枯渇すると合成が促されます。ココナツオイルを摂るのとあわ
せて糖を控えることで、より多くのケトン体を合成することができます。
一日2杯のココナツオイルコーヒーで最大限の効果を出していきましょう。

ココナツオイルコーヒーを使った痩せプログラム

朝と午後にココナツオイルコーヒーを飲むと「食べたい」欲求を抑えることができるように
なります。そしてその結果やせ体質になることができます。
ここではココナツオイルコーヒーでダイエットの効果を図りながら、糖質オフをしている間
の栄養素の補い方も説明していきます。

朝食:7:30

朝食にはココナツオイルコーヒーとスムージーで。
朝食はココナツオイルコーヒーと低糖質の野菜や果物で作ったスムージーを飲みます。例え
ばスムージーは小松菜とキャベツ・リンゴなどをミキサーにかけます。
POINT:コーヒーには砂糖や牛乳は入れません。
砂糖は急激に血糖値を上げるのでNGです。また牛乳には乳糖が含まれるため最初の一週間
は控えるようにします。

10:30

朝食から3時間が経ったころ。ケトン体の量がピークとなります。空腹を感じにくく成りま
す。

昼食:12:30

昼食にはたんぱく質と野菜中心の食事を摂ります。
糖質オフ中はタンパク質を意識的に摂っていきます。動物性、植物性どちらでもかまいませ
ん。n-3系脂肪酸も摂ることができる魚はオススメの食材です。
POINT:一週間はご飯抜きにします。その後は半分にして少しずつ増やしていきます。
ケトン体を合成できる体質になるには3日~1週間の時間がかかります。ですのでこの一週間
はご飯を抜きます。その後は体重の変化を見ながら半分程度を摂るようにします。

夕食:18:00ころ

この時間帯はケトン体量のピークとなります。
タンパク質と野菜中心の食事を摂るようにしていきます。
お昼に魚を食べたら夜は肉というように肉と魚を交互に摂って卵、乳製品、大豆製品を組み
合わせていくのが理想的です。
POINT:できればご飯は無しに。後は寝るだけなので糖質オフしやすいタイミングでもあり
ます。糖質オフを始めて1週間経ったあともご飯は無しにしたいところです。我慢できない
時は半分程度を摂るようにしていきます。