油の知識

油は脂肪酸の集まり

Pocket

油を構成している脂肪酸。脂肪酸とはいったいどういうものでしょうか。今回はこの脂肪酸
についてお伝えします。

油は3つの脂肪酸でできている

私たちが口にする油はグリセリンが3つの脂肪酸とくっついたトリアシルグリセロールの集
まりです。脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸(1価・n-3系・n-6系)の4種類に大別されて
います。どの脂肪酸を多く含むかで油の性質が決まります。

脂肪酸は不飽和脂肪酸で分けられている

脂肪酸は不飽和結合(二重結合)の有無で飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大別されます。人間
が体内で作ることができるかどうかでも別けられています。

人が体内で作ることができない油

n-3系多寡不飽和脂肪酸

魚油・アマニ油などに多く含まれている
魚に含まれているEPAやDHA。ほかには植物油に含まれるαリノレン酸が代表的です。αリ
ノレン酸は摂取後に一部が体内でEPAやDHAへと変化します。

n-6系多価不飽和脂肪酸

大豆油やコーン油に多く含まれている
コーン油、サラダ油、紅花油に含まれるリノール酸が代表的です。体内でγリノレン酸やア
ラキドン酸へと変化します。

人が体の中で合成できる油

飽和脂肪酸

バターやラードに多く含まれている
常温では固体です。動物性食品に多くみられます。エネルギーとして使われなかった分は体
脂肪にもなります。すべてが体脂肪になりやすいわけでなく体脂肪になりにくいものもあり
ます。

一価不飽和脂肪酸(n-9系不飽和脂肪酸)

オリーブオイルやアボカドオイルに多く含まれています。
常温では液体の油です。主にエネルギー源になりますが摂りすぎて使われなかった分は体脂
肪になります。オレイン酸やパルトレイン酸などがこれにあたります。