油の知識

からだにいい油を摂る習慣作り

Pocket

ダイエットをやり始めるとついつい熱心になってしまうことってありますよね。せっかく体
重も減ったから食事にも関心が向いて油を摂らないでおこうなんて。けれども人間の体に
とって油は組織を構成するための必要なもの。そして油を減らし過ぎると肌が乾燥したり吹
き出物ができやすくなったりお肌のトラブルや体調に影響が出てきたりします。体には油が
必要だということを意識していきます。
ここではどうして油や脂が体にいいのか。
それをお伝えしていきます。

体に取り入れる油の6つの習慣

その1:皮脂を分泌して肌を若々しく

適度ないい油で肌に潤いを持たせることができます。
皮脂は皮膚の皮脂腺から絶えず分泌されていて皮膚を覆っています。表皮からの水分蒸発を
抑えて角層に潤いを与えたり最近から皮膚を守るバリアの働きをしています。

その2:野菜と一緒に油を摂る

野菜と一緒に油を摂るとビタミンAやカロテノイドなど抗酸化成分の吸収が良くなります。
緑黄色野菜に豊富な脂溶性のビタミンAやカロテノイドは油を一緒に摂らないと体内に吸収
されにくい性質をもっています。野菜サラダにはアボカドなど油を含む食材かオイルを足す
のが正解です。

その3:体脂肪とエネルギーの関係

とりすぎた油は体脂肪としてストックされます。
糖(グルコース)は1分子から38個のATP(エネルギー)を作りますが油(脂)は1分子か
らはその3~4倍ものATPが作られます。体脂肪はエネルギーを効率よく蓄える手段となっ
ています。

その4:細胞膜に良い油を

いい油を摂ると細胞膜が柔らかく栄養が取り込みやすくなります。
細胞膜は脂肪酸で構成されています。いい油の脂肪酸が豊富だと細胞膜は柔らかい状態を保
つことができ細胞の内外での栄養や情報のやりとりがスムーズになります。

その5:炎症からホルモンが守ってくれる

いい油をとると細胞膜から飛び出た脂肪酸が体を守ります。
細胞膜からは脂肪酸が飛び出てホルモンのように働きます。細胞膜にいい油の脂肪酸が豊富
な場合、病気の原因となる炎症から体を守ってくれるホルモンが働いてくれます。

その6:伝達機能にはたらきかけてくれる

いい油をとると脳内伝達機能がよくなり認知症予防になります。
脳内の神経伝達には脂肪酸で構成されたリン脂質が不可欠です。リン脂質にいい油の脂肪酸
が多いと伝達機能があがります。シナプスを介しての情報伝達がスムーズになります。