油の知識

体にいい油は他にもたくさんあります

Pocket

オリーブオイルやココナツオイルを使っていたのに実はダメな油だったの?って焦ってしま
いますよね。けれども大丈夫です。
油の脂肪酸の組成バランスはまずまずでも油に溶けている抗酸化成分からいい油と言えるも
のもあります。オリーブオイルはその代表格です。

n-3系の油の他にも

脂肪酸以外の健康成分を含んでいることから「いい油」と呼べる油の代表はオリーブオイル
です。
オリーブオイルにはオレウロペインなどの抗酸化成分が豊富です。オリーブオイルを多用す
る地中海食がダイエットや長寿に有効という論文も発表されています。一価不飽和脂肪酸が
多く酸化しにくく加熱にも強いです。同じようにn-9系のアボカドオイルにはビタミンEが
豊富です。
ごま油は過剰に摂りたくないn-6系ですがセサミンが多く抗酸化作用が高いです。
風味付けなどに使う程度なら良いとされています。ココナツオイルは飽和脂肪酸の中でも中
鎖脂肪酸が多く素早くエネルギーに転換され体にもたまりにくい油になっています。

エキストラバージンオリーブオイル

代謝を上げるオレウロペイン入り。
オレウロペイン、ヒドロキシチロソールといったポリフェノールやビタミンEは抗酸化作用
が高いです。精製していないものが望ましいです。

アボカドオイル

動脈硬化を防ぐビタミンEがたっぷり
各種ビタミンが豊富で特にビタミンEの含有量が多いです。ビタミンEは動脈硬化の予防に
効果があるとされてます。

ごま油

セサミンが活性酵素を除く
抗酸化作用が高いセサミンがとビタミンEが含まれています。
セサミンは体内で発生した活性酸素を除去し肝機能の保護に効果を発揮するとされていま
す。

ココナツオイル

中鎖脂肪酸が多く体脂肪としてたまりにくい
ココナツオイルには飽和脂肪酸の中でも消化吸収が早く直接肝臓で吸収されてエネルギーに
なる中鎖脂肪酸が多く含まれています。体脂肪としても蓄積されにくい油です。

常備したい油のあれこれ

第1位:エゴマ油・アマニ油(n-3系)
第2位:オリーブオイル・アボカドオイル(n-9系)
第3位:ココナツオイル(飽和脂肪酸系)
第4位:ごま油(n-6系)
最下位:マーガリン(トランス脂肪酸を含む)
積極的に摂りたいのがエゴマ油、アマニ油などのn-3系です。
次いでn-6系が過剰にならないようにn-9系のオリーブオイルやアボカドオイルを使いたい
ですね。マーガリンはできれば避けたい油のひとつです。